トップバナー
トップページへ協議会とは?まちづくりブログまちづくり地図まちづくり資料

まちづくりブログ 最新情報

<2014年度 湘南海岸公園緑地保全サポーター養成講座 開講>

 2014年4月25日より、湘南緑の連絡協議会・(株)湘南なぎさパーク主催により、湘南海岸公園の一部緑地に於ける協働事業が決定しました。

 協働事業の第一弾として、湘南海岸公園緑地保全サポーター養成講座を開講いたします。

 講座では湘南海岸公園に関る植物・動物・昆虫・海洋生物、海浜・公園・河川、歴史文化・まちづくりの知識と技術を身に付け、神奈川の資産である湘南海岸公園を、より多くの人々が楽しめる環境として整えてゆく事を目標とします。

○開催場所

	第一回:片瀬しおさいセンター
第二回、第四回~六回、八回以降:県立湘南海岸公園サーフビレッジ
第三回:江の島市民の家 ' 日本大学演習林
第七回:江の島市民の家 ' 県立湘南海岸公園サーフビレッジ
○各回の講座時間
13:30 ~ 15:30 (第三回のみ16:30終了予定)
○講座費用
講義無料
野外実習実費500円
○講座受講
開催前日までの申し込みで、気に入った講座を受講できます。
○講座修了後
全講座修了者は緑地保全サポーターとして認定証を発行し、
次年度以降の発展講座と湘南海岸に広がる緑地帯の維持管理作業へと移ります。
○申し込み先
湘南緑の連絡協議会事務局
E-mail: info@shonangreenwall.net

年間スケジュール
2014年度講座年間スケジュール

湘南緑の連絡協議会とは?

“地域文化・住環境の景観・津波防災を兼ねそろえた湘南の緑の形成”

鵠沼では、これまで多くの市民団体が、鵠沼の住環境、文化財、歴史景観を将来へと受け継がれるように、 様々な取組みを行なってきました。明治時代からの別荘地開発によって形成されてきた大邸宅のクロマツ の庭園風景を維持し、岸田劉生、芥川龍之介、寺田寅彦等の文化人がこよなく愛した風景を現代に残す為に、 各市民団体とその活動が活躍してきました。近年ではニコニコ自治会での景観協定をはじめ、住民主体の まちづくりが条例になるなど、市民の動きが高い公共性を発揮する事で、地域全体の価値を高めています。

これは一市民団体がなせるものではなく、多くの市民団体が集まり思いを共有し、地域としての合意形成 から組織活動、個人の暮らし方にまで浸透することで実現できた、「市民=鵠沼地区」という取組みです。

また2011年3月11日の東日本大震災では、海岸防災林の重要性が問われ、海に面した鵠沼地区の湘南海岸林と 住宅地内の緑地を合わせて、津波を減災する強い海岸林を形成する必要があります。

鵠沼地区は津波に弱い海岸防災構造を有し、国・県・市行政各部署間の調整・事業も欠落してい ます。この憂慮すべき現状に対し、一市民組織や鵠沼地区内のみでは対応する事はできません。そこで 鵠沼の幾つもの市民団体が集まり、鵠沼の住環境と文化を守る緑地の形成から始めて、より広く湘南地区 の海岸防災を考え行動してゆく為の組織が必要であると認識します。


これらの背景の下、表題の目的を達成する為に、湘南緑の連絡協議会は2012年9月24日に発足しました。

湘南のネットワーク